この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

オーラルケアの重要性

歯科領域の新しい常識「審美」とは

 日進月歩の歯科医療技術とその常識は、昔とは全く別物の医療行為です。対処療法の歯科医から予防歯科衛生の時代を経て、現代は見た目の綺麗さを伴う審美歯科へと基準が変化してきています。やはり、他の医療からすると最先端の常識と言わざるを得ません。体の器官の中では、比較的外見を変化させやすいもので、その機能を喪失させないでいられるのが口と歯なのです。これは他の医療ではあまり見られません。形成外科に似た診療科目がありますが機能優先のものです。

 但し、健康保険が適用される治療に審美歯科は適応されない場合があります。患者の自己負担分が一部または全額の場合があるので、治療を受ける前に十分な説明を受けてから治療に入ることをお勧めします。

新しい基準の審美歯科治療とは

 審美歯科治療は、「笑った口元から見える歯が綺麗で魅力的」を目指す治療です。
綺麗で魅力的というキラキラした基準は、金儲けの生臭さを感じるようなうさん臭い雰囲気がありますが、その辺はどこかのビジネスプロデューサーが仕掛けたのかもしれません。きっかけはどうあれ、歯科医の領域が急速に発展したのは事実です。ここで、歯科医院にも2極化が見られるようになりました。従来の治療・予防歯科をメインとする所と、審美歯科をメインにする所です。審美歯科の診療内容は保険適用外治療が多いので、治療費が高額になります。ですが、審美歯科は悪いというわけではありません。きれいで魅力的という基準を満たすのは、何よりも健康という土台がしっかりあってこそだからです。

 歯科医院を選ぶ時に、治療・予防・審美のどの領域が専門なのかを知る事は、歯科医院選びの重要な手掛かりの一つといえます。


TOPへ