この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

こんな歯医者は嫌だ!選んではいけない7つの理由

なかなかいない?おススメ歯医者

まずは「こんな歯医者はいやだ」という避ける傾向がある歯科医を見てみましょう
・いつも治療が不快で痛い
・いつまでも治療が長引く
・不衛生っぽい
・先生が威圧的で怖い
・日頃の歯磨きや虫歯や歯周病を放置してたのを指摘される
・日頃のケア指導や歯石除去をしてくれない
・歯科衛生士をはじめスタッフが辞めず同じスタッフが診てくれる
・治療計画方針がない、行き当たりばったりで曖昧である

これらの項目例はちょっと極端ですが、割と避ける傾向がある条件です。
これは逆説的な考えですが、良い所がなかなか見つからない場合、悪いと言われるネガティブな所に注目して、そこが自分にとって耐えられるものかどうかを考えてみるのもいいかもしれません。

歯科医難民にならないための実践方法

 最近の歯科医院はどこでも同じような営業戦略を展開しているように見えます。外からでは、内情がなかなか見えず選んで良いかどうかが分からない事が多いです。
気になる歯科医院を普段から候補で上げてそこに関する情報を集めておくというのが賢い方法です。その歯科医院のHPやネットの口コミ、実際に通院している人の評判等、ほんの少しの事でたくさんの判る事があると思います。いくつかの歯科医院の情報が集まってくると、なんとなくで曖昧だった自分の判断基準がきちんと固まってきます。
 最終的には3件ほどの歯科医院を候補として選び、緊急に処置が必要でない時に、オーラルケアで受診してみましょう。オーラルケア自体は3か月~半年くらいの周期で歯科医院に通ってる方が多いので、試しに診療を受けるのはいい機会だと思います。実際に日常的なメンテナンスの部分でしっかりしていれば大体の技術もはかり知れると思います。


TOPへ